機能一体型クレジットカードの魅力


クレジットカードの利用者が増えているそうです。現在、キャッシュカード機能、クレジット機能、その他電子マネーなどの機能をひとつのカードにまとめた、機能一体型カードが普及しています。キャッシュカードが何枚、クレジットカードが何枚とあるとお財布が膨らんで不格好ですし、カードがごちゃごちゃとしてわかりにくいという問題を解決してくれるのです。


一体化カードで使い分けもすっきり

一体化カードのメリットは何といっても、財布などでカードの管理がしっかりとできることです。複数枚のクレジットカードを所有すると、どのカードでどの口座から引き落とすのかが分からなくなってしまったり、混乱してしまったりすることもあります。一体化であれば、そのキャッシュカードの口座からカード決済分も引き落としになりますから、自分でお金を管理するという面でも非常に管理が行いやすくなると言えます。また電子マネーなども一括で管理できるものであれば、電子マネーをクレジットカードでチャージすれば、万が一盗難や紛失の際も補償が効くのもうれしいところです。


デメリットはなくしてしまったとき

このように非常にメリットも多く、補償も効くという安心感がありますが、一体型カードはすべての機能が一つのカードに集まっているのですが、クレジットカードはカード会社が、銀行口座は銀行が、というように違う機関が管理、保護しているものです。そのため再発行を行うためにはカード会社、銀行など多くの金融機関に書類を送るなどする必要性があります。大切なカードですから、日ごろから管理をしっかりと行って便利に利用しましょう。

Comments are closed.