クレジットカードを持つならこんなことを知っておこう


今では色々なクレカが発行されているので、どのカードに申し込もうか悩んでいる方も居るはずです。
種類が豊富というのはとても嬉しい事ですが、どのクレジットカードがどんなスペックを持っているのか調べるのも大変です。現在では比較サイトがあるため簡単に比較して確認することが出来るようになっています。比較サイトによってピックアップしているアピールポイントが異なることも多いですから、出来るだけ多くのサイトを見ておくことをおすすめします。クレジットカードを持つ上で知っておきたいことは多くありますが、最低限知っておきたいのはセキュリティコードとキャッシング枠について。初めてカードを持ち歩く方はこの二つの点を把握しておくのが良いですね。


クレジットカードのセキュリティコードについて

クレカにはセキュリティコードというものがあります。
クレジットカードの裏面にあるサイン欄の部分に記載されている数字があるのですが、その数字がセキュリティコードです。よくネットでショッピングしてクレカ決済にした時に聞かれるセキュリティコードは、この右端の3桁の事なのです。カード会社によって数字が何桁あるのか異なりますが、右端の3桁がセキュリティコードになるという事を頭に入れておきましょう。楽天カードやNICOSカードは7桁の数字が記載されていますが4桁と3桁に分かれているので、後半の右端にある3桁の数字の方だと覚えておけば大丈夫です。三井住友VISAカードは、3桁のセキュリティコードだけ記載されているので、初心者にも分かりやすくなっています。どのクレジットカードも分かりやすくなっているものの、実はアメックスだけは例外です。アメックスはセキュリティコードが4桁になっています。また、印字されている場所が表面の右端の方となっているため、少々紛らわしくなっています。


キャッシング枠も一緒になっている

すでにクレカを持っている方なら知っている方も多いでしょうが、クレカにはキャッシング枠もあります。
そのため、クレジットカードの審査では信用情報についても念入りにチェックされることになっています。クレジットカードによっては、ショッピング枠のみお願いしたいと伝えれば、キャッシング枠を外してもらう事も可能です。クレカのキャッシング枠はいざという時には非常に便利ではありますが、金利が高く限度額も低くなっているため、少々利用しにくいかもしれません。キャッシング枠ばかり利用してしまうと、「金銭的に困っているのかもしれない」などと思われ、マイナスになってしまうこともあります。自分の使い方に合わせて、必要なのかどうか見極めるようにして下さい。

Comments are closed.