クレジットカードを使い過ぎてしまった時の対処法


「クレジットカードを使い過ぎてしまった」という経験をした事はありますか。クレジットカードの支払遅延記録は利用履歴として5年間は保有される重要情報です。できるだけ、信用情報を傷つけないように対処したいものです。


クレジットカードを使い過ぎた時の対策

クレジットカードの履歴に傷をつけない方法はただ一つ「引き落とし日までに口座に振り込んでおく事」です。もしも、貯蓄があるのであれば切り崩してでも支払を優先すべきでしょう。それができない場合は、家族、友達に一時的に借りるという形であれば信用情報には一切影響はないのですが、お金の貸し借りは人間関係に溝を作ります。できるだけ避けたいですよね。


引き落としエラーは絶対起こさない

もしも定期貯金などを持っているなら、総合口座の当座貸越の利用をおすすめします。クレジットカード会社・口座元銀行の規定にもよりますが、これらの情報は信用情報に乗らない事が一般的です。また、収入の予定が確実であればキャッシングやカードローンの利用をオススメします。無利息期間がある商品であれば利息なしで利用する事も可能です。キャッシングやカードローンを利用する事で信用情報には利用記録が付きますが、返済遅延を起こさなければ問題はありません。クレジットカードで支払い遅延を起こさないリスクの低い方法を考えましょう。

Comments are closed.